Men's Essential

Today's topic 知らないとヤバすぎる
7つの"ド"基本

【The Instinctive Attraction】
~女性の本能が無視できない”本能的魅力”の秘密~
>>>レポートのダウンロードはこちらから<<<
>>>音声のダウンロードはこちらから<<<

From:ナカムラショウ
福岡市、自宅の書斎より ・・・

 

ナカムラショウ
ナカムラショウ

どうも、Men’s Essentialのナカムラショウです。今日は、

>>女性にモテるテクニック
>>美女に対して「可愛いね」=ヘタレ決定
>>言葉で会話するな、感情でしろ
>>ヤバすぎる7つの”ド”基本

こんなトピックでお送りします。ぜひ最後までお付き合いください。

 

☆この記事は音声版も用意されています。
下のオーディオの再生ボタンを押すと音声が始まります。
流し聞きなど、自由にご活用を。

>>>音声のダウンロードはこちらから

・・・

 

さて、いきなりですが、
女性にモテる「テクニック」を教えます。

ただ、前回言ったように、

“マインドなきテクニックは犬の糞以下”

なので、注意して、参考として聞いてください。

キャバクラでも、
コンパでも、
職場でも、
学校でも、

どこでも同じなのですが、
女性にモテるためには、彼女たちの

 

感情を揺さぶる会話

 

をしなくてはいけません。

「かわいいね」
「歳いくつ?」
「名前は?」
「趣味は?」
「休みの日は何してんの?」
「彼氏いるの?」

こんな会話なら眠っていてもできます。

 

「いい人」

と言われてしまう男たちは、
基本的にこういう眠たい
会話しかできません。

 

これはなにも女性に限った話ではなく、
営業やビジネスにもダイレクトに
関係してくる話なのですが、

とにかく

 

“感情が動く会話”

 

をしなくてはいけないのです。

 

キャバクラに行ったことはありますか?

別にスナックでも合コンでもいいのですが、
まあ、あるとして、

付いてくれた女性に、

「かわいいね」

と言った事はありますか?

もしあなたの答えが「YES」なら、
たとえ挨拶代わりのセリフだったとしても、

 

その瞬間ヘタレ決定です。

 

キャバ嬢に

「可愛いね」

なんて言っても、感情が動くどころか、

「またかよ」

と思われるだけです。

 

これはキャバ嬢に限った話ではなく、
美女たちが一体、一日に何人の男に
この手の台詞を言われているか
考えてみてください。

想像しただけで、男の僕でもウンザリします。

 

美女に「かわいいね」=ヘタレ決定

 

先ず、これを覚えておいてください。

じゃあ何を言えば彼女たちの感情は動くのか?

たとえば、、、

「異常に黒目が綺麗だよね。それ何体質?」
「なんかオーラが出てるね。何者ですか?」

などと言った瞬間、
彼女たちの感情が動きます。

あくまで一つの「たとえ」ですが、

普段誰も言わないような言葉を使って、
普段誰も攻めないポイントにアプローチ
する事で、感情を動かす事ができる。

という話です。

 

 

男性
男性

「なんかオーラが出てるね。何者ですか?」

「なんですかオーラって(笑)」

女性
女性
男性
男性

いやいや、なんか美人さん特有の?

またまたぁ、お上手ですねっ

女性
女性
男性
男性

あたし可愛いでしょ?他の子とは違うのよっ。的な?

何様ですか!

「こらこら!笑」

女性
女性
男性
男性

(聞こえるか聞こえないかくらいの声で)
みなさーん、この子自分が一番だって言ってるよー

ちょ、やめてっ!汗

女性
女性

 

ここまでやると大抵、
肩の辺りをパシッと叩かれます。

甘噛みです。

“関心ゾーン”に入ったサインだと思って大丈夫です。

ただ、ここからの話にも
繋がって来るのですが、
もしあなたにマインドの欠片も
なかったとしたら、
一撃で嫌われてしまいます。

とにかく、

 

言葉で会話するな。
“感情”で会話しろ。

 

この考え方を頭に叩き込んでください。

会話の続きです。

男性
男性

ごめんごめん(笑)
まあでもさ、美人でいるのも疲れるでしょっ

別に美人じゃないから(笑)

女性
女性
男性
男性

わーでた。次生まれ変わっても自分に生まれたいって思ってるくせにー

思ってない思ってない。もっと可愛く生まれたかったって思ってる!(笑)

女性
女性
男性
男性

どんなだけ強欲だよっ(笑)
(肩をパシッ)

強欲て!(笑)

女性
女性

・・・基本的には、勝手に上げて、勝手に落とす。

で、褒めたり共感したりしてまた上げて、
直後にからかってまた落とす。

誰も褒めないところで持ち上げる。

そして落とす。

 

こういう作業の繰り返しで、段々と、
こちらのペースに巻き込んいきます。

「この人は、普通の男じゃない」
「この人には、下手な対応は出来ない」
「丁寧にしないといけない気がする」
「気を抜いてはいけない」

“力関係”を理解させます。

 

何度も言いますが、
感情で会話しないと成立しない構図です。

 

感情コミュニケーションです。

 

感情コミュニケーションが波に乗ると、
女性は性的に興奮し出します。

 

生物学的な話をしています。

 

長くなるので、これについての
詳しい説明は後日としますが、

とにかく女性はそういう生き物なのだと、
ここでは理解しておいてください。

とにかく。

 

「目が笑ってないよ」

「髪の毛に虫がついてるよ」

「美人でいるのも疲れるでしょ?」

「自分のこと、可愛いと思ってるんだよね?」

 

というライトなやつから、

 

「実は、人のこと見下してるでしょ?」

「パンツ見えてるよ。
 ついでになんかはみ出してるよ。」

「服に精子がついてるけど大丈夫?」

 

というヘビーなやつまで。

感情が動く会話をしないといけません。

そうしないと女性は、
あなたを無関心ゾーンに、
勝手に放り込んでしまいます。

 

難しいと感じると思うのですが、
ここをある程度乗り越えないと、
関心ゾーンに入ることはできません。

魅力的だと思わせることはできません。

 

「どんなキスが好き?」

「浮気したいと思った事ある?」

「男運悪そうだよね(笑)
 人が良すぎるのかな?」

「今殺したい人とかっている?」

 

僕はこういう会話をどんどんします。

遠慮はありません。

女性は戸惑いながらも、

「えーーー」

などと言いながら嬉しそうに答えます。

 

こういう話をすると、

「そんなこと言うと嫌われるんじゃ…」

と思われるのですが、大丈夫です。

本気で嫌われたり怒られたり
するような事は、ほぼほぼありません。

もし怒らせたとしても、
冗談で切り返すことができます。

褒めたり、優しくしたりする事で、
フォロー&リカバリーが可能です。

 

重要なのは、

 

女性の本能は、
感情的な会話をしたい
と思っている

 

という事実です。

本当ですよ。

やってみればわかります。

 

感情がビクンビクンする刺激的な
会話をしたい。

でも、する人がいない。

できる男がいないのよ。

と、彼女たちの本能は毎日落ち込んでいるのです。

 

冒頭で「テクニック教えます」などと
言いましたが、本当は、そういう次元の
話ではないんですね。

表面的な優しい台詞や気遣いが出来る
男が紳士なのではありません。

彼女たちの満たされていない感情を、
どれだけ汲み取ってあげられるか。

これが本当の紳士なのです。

 

一つだけ注意が必要です。

 

「パンツ見えてるよ。
 ついでになんかはみ出してるよ」

と言ったあなたの目がエロ目になっていて、

黒目がキョロキョロ動いていて、
口がニヤニヤしていて、
猫背で、貧乏ゆすりしていて、
声が裏返っていて、早口で、
爪の間が真っ黒で、
髪の毛が脂でギトギトしていて、
Tシャツをズボンの中に入れていたら、

・・・ただのストーカーです。

言い訳は警察が聞いてくれます。

しかし、

堂々としていて、
大人の余裕があって、
冷静さが感じられて、
強い自信がみなぎっていて、
真っ直ぐな強い目で、
ゆっくりと落ち着いた口調で、
太く通る声で、

 

「パンツ見えてるよ。
ついでになんかはみ出してるよ」

 

と言えたなら、

「ああ、この人は魅力的だ」

となり、晴れて、彼女の関心ゾーン・・・

・・・を通り越し、
“性的対象ゾーン”に入ってしまうのです。

 

これは何も、女性との会話だけではありません。

さっき言ったように、
営業やビジネスでも応用できます。

 

たとえば、

「5分お時間いただけませんか?」

と言ったあなたの姿勢が猫背で、
自信がなさそうで、自分の成績のことしか
考えていないのが見え見えだったら、

冷たい目で「しっしっ」とされてしまいます。

 

でも、清潔な外見のあなたが、
心地いいほど真っ直ぐな姿勢で、
優しく真っ直ぐな強い目で、
堂々と、ゆったりとした落ち着き
のある動作で、太く通る声で、

「すみませんが、
 5分だけお時間頂けませんか?

 何倍もの価値にしてお返しする
 自信があるのですが……」

と、自信満々で言ったなら、相手も

「ちょっと聞いてみようかな……」

となるわけです。

 

・・・

 

さて。

これから、

あなたの一生の財産

として残る話をします。

僕が運営している通信講座でも重要視している
“本能的魅力”の土台となる概念です。

 

7つの“ド”基本

 

あなたが何をやっても、
この”ど”基本を本当に理解していないと、
全てが台無しになってしまいます。

一つずつ説明していくので、

「これは自分にできているかな?」
「自分は他人から見てどうだろうか?」

という視点で、読んでください。

出来ていない項目が一つでもあると、
そこを付け込まれます。

 

【1】力強い目

 

ちゃんと相手の目を見て会話していますか?

一瞬たりとも逸らさないのは
気持ち悪いですが、

相手の目を見ている最中は、

  • 相手の黒目を優しく見つめる
  • 瞬きはゆっくり
  • 視線を逸らす時は、
    飲み物を飲んだり、
    煙草に火を付けたり、
    服の襟を整えたりするタイミングで。

目が泳いでいたり、
瞬きが多かったりするのは致命傷です。

 

【2】強くて太い声

 

・早口
・ぼそぼそ喋る
・蚊の鳴くような声
・キンキン頭に響くような高い声

はNGです。

一度、人と会話している時の
自分の声をスマホの録音機能を
使って後で聴いてみてください。

これをやったほとんどの人は、
自分の声、そして女性との会話時の声に
愕然とします。

“強くて太い声”を意識してください。

「高い・低い」の話ではありません。

表現が難しいのですが、「強い」かどうかです。

声が高いからダメなのではありません。

お腹に意識を集中してゆっくりと
吐き出すように喋れば、元々地声が
高い人でも大丈夫です。

早口の癖がついている人は、
最初は難しいと思いますが、
頑張って訓練して直してください。

必ず直ります。

カッコイイ俳優さんをモデリング
するのをお勧めします。

 

【3】良い姿勢

 

背筋を”ピン”と伸ばして、
少し胸を張ってください。

歩いてる時も、座ってる時も、
常に意識してください。

これは言葉では伝えにくいので、
これも、映画やドラマのカッコイイ
俳優さんをモデリングしてください。

カッコいい役の俳優さんは大抵
魅力的な姿勢の持ち主ですが、
個人的には、ブラッド・ピットの
歩き方が魅力的だと感じています。

 

【4】ゆったりとした動作

 

減速してください。

すべての動作のスピードを落としてください。

多くの人の動作は、焦り過ぎです。

そんなに早く動く必要はないのです。

椅子に座るとき、立つとき、
バックから財布を取り出すとき、
財布からお金を取り出すとき、
メガネの位置を直すとき、
お酒を注ぐとき、飲む時、

常に、ゆったりとした動作を意識してください。

だらだら動くってことではありません。

コツは、

・一つひとつの動作を確認しながら行うように丁寧に
(「確認しながら」はあくまでイメージ)

・1回の動作につき1つのアクション
(足を組みながらコップに手をやりながら頭を掻いたりしないってこと)

余裕を持った動きを心がけてください。

 

【5】落ち着いたジェスチャー

 

爆笑した時などに、
体を仰け反って手をパンパン叩く
男がいますが、やめてください。

震えるほどダサいです。

女性なら許されますが、
男がやるとこれほどカッコ悪いものはありません。

女性も意識・無意識関わらず、そう思っています。

ナーバスなジェスチャー、
そわそわしたジェスチャーを
今すぐやめてください。

弱々しくて、魅力どころの騒ぎではありません。

必要のないジェスチャー、
無駄な仕草を今すぐやめてください。

必要最低限の、落ち着いた
ジェスチャーだけを採用しましょう。

 

【6】清潔感

 

爪が伸び放題じゃないですか?

爪の間が汚れで黒くなっていませんか?

顔は脂ぎっていませんか?

髪型はちゃんとセットされていますか?

髭はちゃんと剃られていますか?
もしくは整えられていますか?

頭からフケが出ていませんか?

口臭や体臭は大丈夫ですか?

眉毛はきちんと手入れされていますか?

歯の間に食べたもののカスが挟まっていませんか?

靴は汚くないですか?

こういう所を女性は必ず見ています。

本当によく見ています。

気を遣ってください。

もし一つでも該当してしまうと、
どんなに魅力的な態度で接しても
その瞬間アウトだと思った方がいいです。

 

【7】最低限の身だしなみ

 

ファッションやヘアースタイルはどうですか?

年齢のせいにして、逃げていませんか?

自分には無関係・無関心という
負の信念を貫いていませんか?

「俺はファッションとか髪型とか苦手だから」

とか言っているようなら、
だったら魅力的な男になることは

諦めなければなりません。

「俺はファッションとか髪型とか苦手だから」

これは、

「人にモテたい」
「魅力的になりたい」

「尊敬されたい」

と思っている者の態度ではないから。

 

例えば、

あたしファッションとかよくわからないの。だから化粧はしないし、美容室にも行かないの。服も全部ユニクロだわ。

女性
女性

こんな女性と関わりたいですか?

僕は嫌です。

逆の立場だったら・・・
ということを考えられない男が多すぎます。

「ブスだ」やれ「脚が太い」だのと、
男が陰で面白おかしくジャッジしている
あの女性が、

美容や見た目に対して、
どれだけのお金と時間を費やしているか、
考えたことはありますか?

ジャッジしている男たちがどれだけ
ダサいか、そこに焦点を当てたことは
ありますか?

 

女性は努力して当たり前。
男は無関心でも許される。

そんなバカな話はあるはずがない。

 

男は、女性の影の努力を、
少しは見習わないといけないと思います。

実は、女性は、顔よりも、
髪型や服装を見て格好良いかどうか、
魅力的かどうかを判断しています。

顔や身長はどうにもなりませんが、
それらはヘアースタイルやファッションで
十分にカバーできるのです。

髪型や服装が残念なイケメンと、
髪型や服装がイケてるブサメンだったら、

多くの女性は後者を選びます。

 

女性のDNAは、見た目に配慮・理解の
ある男を「優秀」だと判断するのです。

年齢は関係ないから。

自分と同じ年くらいの俳優さんを
モデリングすれば良いと思います。

ネットで

「40代 ファッション」とか
「40代 ヘアースタイル」とか

検索すれば沢山出てきますって。

近所の美容室に行って、

「僕の年くらいで流行の髪型にしてください」
「僕に似合いそうな髪型にしてください」

と言ってください。

 

「そんな事言うの恥ずかしい」

ではなくて、たった小一時間、
そこにいるだけでいいんです。

一度似合うヘアースタイルを
発見すれば、それは一生モノです。

(美容師さんは、そんな風に言われると実は嬉しいのです。)

 

お金がない場合はユニクロでもいいです。

ちゃんと着こなせばそれなりに見れます。

 

顔や身長はどうにもなりませんが、
カッコイイ体型に変身することは、
その人の努力次第です。

メタボ気味の人はダイエット、
ガリガリの人は筋トレ、

チャレンジしてほしいと思います。

 

・・・

 

以上、7つ。

 

この7つが完璧に
出来ている男は極稀で
全体の1%以下です。

 

でもね、実はこれ、
小学生の子供でも知っている事だったりします。

  • 「人の目を見て話をしなさい」
  • 「もっと大きい声で喋りなさい」
  • 「背筋をピンと伸ばしなさい」
  • 「貧乏ゆすりはやめなさい」
  • 「汚い事はやめなさい」
  • 「人の嫌がることはやめなさい」

実は、子供が親に言われるレベルの話なのです。

子供の頃から言われているのに、
できていない大人の方が圧倒的に
多いなんて、笑っちゃいますよね。

でも、そういうものなんです。

 

『7つの“ど”基本』

 

これは、本能的魅力の屋台骨になります。

ここさえ押さえていれば、多少
マイナスポイントをくらったとしても、

「アウト!」

とはなりません。

致命傷はいくらでも避けられます。

ここさえ押さえておけば、
いくらでも取り返しがつくのです。

 

出来れば、『7つの”ど”基本』は
紙に書いて、いつも見える場所に
貼っておいてください。

 

かなり大事な話をしました。

一生物の話です。

では、また長くなりましたが、今日はこの辺で。

明日は、

「キャバクラでうっかり火がついた日の話」

です。

ありがとうございました。

Men’s Essential
ナカムラショウ

 


 

【バックナンバー】